リサイクルアプリを活用する際の注意点

思い切って売却しよう

アプリを使ってリサイクル

自分はもう使わないからと、すぐに不用品を捨てるのはもったいないです。 売ればお金に換わるので、まずはリサイクルアプリを使いましょう。 リサイクルアプリは、自分で売る価格を指定できます。 どのくらいの価格なら買い手が見つかるのか、よく考えて決めてください。

捨てずに売るのがおすすめ

使っていない不用品があれば、リサイクルアプリで売却するのが良い方法です。
状態が良く使えるものなら、買い手が見つかると思います。
リサイクルアプリは、リサイクルショップに査定を申し込んだ時と異なり、自分で価格を設定できる面がメリットです。
ですから価値があるものだとわかっていれば、高価な価格をつけても良いでしょう。
どのくらいの価値があるのかわからなかったら、同じようなものを売っている他の人を見て、勉強するのがおすすめです。

不用品に傷や汚れがついている時は、きちんと説明してください。
それらがあると価値が下がり、高く売れなくなりますし買い手も見つかりにくくなります。
しかし傷や汚れがあることを隠すと、買い手とトラブルが起こるので注意してください。
説明して、それを了承してくれた人に不用品を譲りましょう。
写真の撮り方次第で、よく見えたり悪く見えたりします。
わかりやすい写真を撮影し、様々な人に見てもらいましょう。

自分が出品している不用品について興味を持った人が、メッセージを送ってくるかもしれません。
その場合は、すみやかに返信してください。
返信が遅れると、相手はこちらに対して不信感を抱いてしまいます。
こまめに買い手と、コミュニケーションを取るように意識しましょう。
また買い手が決まったら、相手からいつ料金を振り込むのか聞いてください。
そして料金が振り込まれたらすぐ発送できるよう、前もって準備しておきましょう。

状態を詳しく説明しよう

買い手とのトラブルを避けるためには、不用品のことを詳しく説明してください。 情報が少ないと買い手が困りますし、イメージしていたものと違うと文句を言われる可能性があります。 リサイクルアプリは個人間のやり取りなので、トラブルが起こりやすいと覚えておきましょう。

スムーズなコミュニケーション

質問されたら、迅速に答えてください。 また買い手が見つかって取引を始める時は、コミュニケーションを積極的に取るのがおすすめです。 こまめに連絡をしていれば安心できますし、トラブルを避けられます。 短い期間の取引ですが、油断せず丁寧に取り組みましょう。

TOPへ戻る